雪災 保険

雪災 保険

普段、雪が降らない 関東地方や山梨県で、記録的な大雪になりました。
フラット屋根に雨がプールのように溜まり、階下の部屋が漏水すると言う被害が発生しています。
雪による、雨漏れ被害の保険対応について、調べて見ました。

スポンサード リンク
新生活準備 > 雪災 保険

雪災 陸屋根

スポンサード リンク

今回の記録的な降雪で、
関東地方の多くの地域で、
30~50年ぶりの大雪になりました。
屋根の上に積もった雪も25~60cm。

雪が溶けきらないうちに、もう一度降雪がありました。
地域によっては、夜半から激しい雨に。

雪で排水管が塞がれたところに、大量の雨が振り、行き場を失った雨水は
防水の立ち上がり部分を超えて、屋内に浸入しました。

雪災 火災保険

住宅火災保険
住宅物件用の火災保険として、1番ポピュラーな保険。
火災による損害の他 落雷、破裂、爆発、風、ひょう、雪災 による損害が補償されます。

住宅総合保険
住宅火災保険の補償内容にプラスして
外来物の落下・衝突・水濡れ・騒じょう・労働争議・盗難・水災にも補償されます

オールリスクタイプ
カギの紛失や水回りのトラブルなどにも対応

雪災時、従来の火災保険では、20万円以上の損害からの補償でしたが、実損額を補償する商品もあります。

保険は加入している内容により、支払われる対象が変わってきます。
保険代理店や保険会社に、一度問い合わせてみて下さい

雪災 車両保険

今回の大雪で、
屋根からの落雪で、止めていた車への被害が多く出ています。

今回のパータンでは、
①自分が所有する家の屋根からの落雪
②隣地の家の屋根からの落雪
③自分が住んでいる借家(アパート等)の屋根からの落雪 

関東地方の場合は、積雪がほとんどない地域。
今回の積雪量は、30~50年に一度のレベルです。

夜間の積雪で、屋根からの雪下ろしも、現実的ではありませんでした。
家屋の所有者の責任を一方的に問うのは難しい状況です。

雪災 保険 トップへ戻る
  • SEOブログパーツ