落雪

落雪

普段、雪が降らない 関東地方や山梨県で、記録的な大雪になりました。
屋根からの落雪や積雪により、カーポートの被害が出ています。
カポート被害の保険対応について、調べて見ました。

スポンサード リンク
新生活準備 > 落雪

落雪 カーポート

スポンサード リンク

今回の記録的な降雪で、
多くのカーポートが被害を受けました。
積雪により、荷重オーバーでの倒壊。
屋根からの落雪による、カーポート屋根の破裂、陥没。

カーポートだけでなく、その中に止めてあった、自動車にも被害がでています。

まずは、カーポートですが、
屋外設備であることから、家財保険での適用は難しいです。

カーポートは
住宅の火災保険の附属設備です。

住宅の火災保険の契約をする際に「附属設備を含む」「物置・車庫等も含む」
などと記載されていれば対象になります。


記載がない場合や、免責事項等があるので、

必ず、ご契約されている保険会社・代理店にお問い合わせして、確認して下さい。


昨今、保険商品の差別化がで、
火災のみの補償で保険料を安くしたものや、オールリスクタイプのものまで、
色々なタイプの契約があります。

雪災の場合、免責金額の設定や補償範囲についても、様々です。
契約している、保険会社や代理店にお問い合わせ下さい。


問い合わせる時の注意点は

雪カーポート倒壊


にまとめてあります。

落雪 火災保険

住宅火災保険
住宅物件用の火災保険として、1番ポピュラーな保険。
火災による損害の他 落雷、破裂、爆発、風、ひょう、雪災 による損害が補償されます。

住宅総合保険
住宅火災保険の補償内容にプラスして
外来物の落下・衝突・水濡れ・騒じょう・労働争議・盗難・水災にも補償されます

オールリスクタイプ
カギの紛失や水回りのトラブルなどにも対応

雪災時、従来の火災保険では、20万円以上の損害からの補償でしたが、実損額を補償する商品もあります。

保険は加入している内容により、支払われる対象が変わってきます。
保険代理店や保険会社に、一度問い合わせてみて下さい

落雪 車両保険

今回の大雪で、
屋根からの落雪で、止めていた車への被害が多く出ています。

今回のパータンでは、
①自分が所有する家の屋根からの落雪
②隣地の家の屋根からの落雪
③自分が住んでいる借家(アパート等)の屋根からの落雪 

関東地方の場合は、積雪がほとんどない地域。
今回の積雪量は、30~50年に一度のレベルです。

夜間の積雪で、屋根からの雪下ろしも、現実的ではありませんでした。
家屋の所有者の責任を一方的に問うのは難しい状況です。

落雪 トップへ戻る
  • SEOブログパーツ